良質な睡眠をとる為に利用するいびき防止グッズ

健康のためには

女性が健やかに生きるためには、女性ホルモンのバランスが大切です。しかしそのバランスは崩れやすく、減少したホルモンを補うことが必要です。女性ホルモンを増やすには、食事や生活習慣の見直しも大事ですが、サプリメントを摂取すると効率的です。

睡眠時の呼吸を楽にする

眠る男性

睡眠の質に影響

人は毎日十分な睡眠を取ることで明日への活力を得ていますが、何らかの原因で眠りが浅くなると疲れが翌日にまで残ってしまいます。睡眠の質を低下させる原因にもいろいろ考えられる中で、意外に見落としがちなのはいびきをかいている人の例です。睡眠中に大きな音を発生させるいびきは同居人に迷惑をかけるだけでなく、自分自身の睡眠や健康にも悪影響を及ぼすことがあるため注意が必要なのです。いびきが発生するのは睡眠中の呼吸に伴って気道の一部が塞がれ、これが振動することによります。軟口蓋や舌が肥大している人の他、もともと顎が小さく気道が狭い体質の人はこのような症状も起こりやすいものです。疲労やアルコールの影響でも喉の筋力が低下して気道が塞がれやすくなり、睡眠薬の影響や女性ホルモンの減少も原因として挙げられます。いびきが発生するということは気道が狭くなっている証拠ですので、呼吸が苦しくなって睡眠の質も低下します。すっきりとした目覚めの朝を迎えるためにも、この状態を改善するための防止策が重要です。横向きに寝ることでもある程度防止できますが、効果が得られない場合はいびき防止グッズを試してみるといいでしょう。

呼吸を楽にして睡眠改善

いびきを防止して睡眠時の呼吸を楽にする目的ではいろいろな製品が開発されており、そうした防止グッズが症状や体質にうまく合えば睡眠の質も改善が期待できます。比較的軽症の人に効力を発揮しているのが、寝る時にマウスピースを装着する方法です。医療機関で作るオーダーメイドのマウスピースは高価ですが、ドラッグストアや通販で市販品を購入することもできます。いびきをかく人の中には鼻づまりを起こしてもいないにも関わらず、睡眠中に口呼吸へと切り替わってしまう例が多く見かけます。口呼吸を防いで鼻呼吸へと切り替えるのに効果的ないびき防止用テープも売られていますが、逆に鼻づまりが原因の人には鼻に貼って鼻腔を広げるテープが有効です。睡眠中に気道が塞がれる原因の1つとして、枕が合っていないというケースも意外に少なくないものです。肥満体型ではなく鼻づまりもないのにいびきに悩まされている人は、睡眠時に気道を広げて呼吸を楽にするように開発された枕を試してみるといいでしょう。いびき防止用枕も含めた対策グッズは多くの種類が売られていますので、いろいろ試してみることによって自分の体質や症状に合致した最適な製品が見つかるものです。

更年期の冷えと対策

更年期になると自律神経の働きが悪くなりがちです。さらに年齢を重ねることで、筋肉量や免疫力が低下するため冷え性を起こしやすくなるのです。簡単に温活をする方法には、筋肉が多い下半身を集中して鍛えたり、湯船の中でふくらはぎをマッサージする方法が挙げられます。

快適に眠るために

敷布団が体に合わなくて腰が痛い人や腰痛もちの人はモットンを試してみると良いでしょう。個々の体型に合わせて布団が沈むように開発されているので、腰に負担をかけることなく安心した睡眠をとることができます。